始発

言葉と自分の抱える呪いや憎しみについてずっと考えていて、もうきっと大丈夫というところに行くまであらゆるSNSをやめようとアプリを全て消していた。小さなビールを飲みながら仕事から帰ったらポストに手紙が入っていて、開けると青いピアスが出てきた。「…

.

強すぎる気持ちはみんなに怖がられる言葉なんて覚えるんじゃなかった気が触れる、死んですべてを無に還したい、疾走するダンプに突っ込んでどたまを派手に打って記憶喪失、可笑しい、可笑しい、可笑しい、最初から希望とか歌っておけば良かったのね言葉にす…

最終公演

車の助手席に座って柔らかく微笑む、白いニットを着たフワフワの優しい彼女。朝が来たらご飯を作って、煙草なんて吸ったことがなくて、起きてきた旦那さんに笑っておはようを言って泣きはじめた赤ちゃんを抱きしめに急ぐの。哀しいことがあったり不安になっ…

SHINPIN

昨日テレビを観ていたらズバリ当てると有名な占い師がゲストに「あなたは親友の延長線のような人と付き合った方がいい、親友なら彼氏になっても素直に思ってることが言えるから無理しなくて済むよ」というようなことをアドバイスしていて、まるで一ヶ月前の…

コミュニケイション・バリア

真剣に放たれた言葉に対して可能な限り真剣に応えようとする人間ってすごく少ないみたい、わたしは流行り言葉が苦手でどうして苦手かって目の前に差し出された痛みや苦しみや喜びや尊厳を便利にしてしまうから、わたしの痛みを便利にしないでくれよ、それ全…

阿呆の鐘

友達が自殺未遂予告してきても男に髪掴まれてゼロ距離で絶叫しながら罵倒されても彼氏が影で何個ものマンコにチンコ突っ込んでたと知っても働いて働いて働いて、わたしからしたらすっごく大変なことですっごく頑張ってる、本当にずっとずっと頑張ってる、口…

ある宗教

金を作らなければ、と思った。どんなに新しい人間環境が無理で、労働が苦行でしかなくて、学生の頃に1年半行き続け苛められ続けた実習と前の職場でのトラウマがデカくても金を作らなければと思った。そもそもこんなこと毎日思っている、バイトのシフトが沢山…

自我

最初は嬉しかった言葉も、何回か言われるなかで発せられるパターンを観察したところどうやらわたしはコンテンツにされているみたいだった、コンテンツにされて、その人の気分と自己への免罪符として賞賛とそれをゼロに還す正反対の言葉が繰り返される、こう…

分からないんだから死ねばいい、わたしはまだ歩ける

近頃いちばん軽蔑している人間が大森靖子についてツイートしていた、ツイートしている曲はわたしが教えたハンドメイドホームだった、それを見付けた瞬間「死ねよ」という呪詛すら出て来なかった。大森靖子を、お前が女と繋がる為の常套手段の一部にするな、…

全部大丈夫だよって嘘をつくから

こんなわたしが、わたし如きの人間が、生温い地獄の中でやっと見つけた気がした光に向かってドキドキしたり、脆い土地に不安になって落ち込んだり、それでも何でもないわたしの過去には決して触れない何でもないLINEに嬉しくなって貧乏なのに新しい服を買っ…

今日はどんなの聴いてんの

わたしが何年も何年も懸けて渾身のちからで綴り続けてきたこと、愛し続け光を見たり闇を見たりしてきたもの、道端の花が今日もグロテスクで可愛かったこと、どんづまりの気持ちなのに煙草が切れたから仕方なくコンビニへ行ったらレジの人に話しかけられてそ…

君に届くな・山戸結希監督 ポレポレ東中野上映に寄せて

わたしがどれだけ綴ろうと、インターネットの海に投げようと、きっと一生届かないのであろう傲慢で、業が深くて、頭がおかしくて、どう足掻いても一方的な恋文が、わたしを何度も救った映画を撮った山戸結希監督が見付けた、こんな言葉は絶対に彼に届いては…

マジックミラー

流行りの音楽じゃ踊れないし、夜じゃなきゃバイトも出来ないし、死ねとか嫌いとかちゃんと言っちゃうし、社会にはまだまだまだまだ適応出来ないし、気付けばお金は減ってるし、自分のことにしか興味がわかないし、周りを見渡せばつまらん馬鹿ばっかだし、女…

いいコになんかなるなよ

あまりの働けなさと適応出来なさから社会の輪から早々にしてドロップアウトしたわたしはあまりの金の無さに友達から米や野菜をたまに送ってもらったり、道端で十円玉を拾ったり、男にメシを奢ってもらったりして生きてる、今日なんて23年間の人生で初めて友…

Iso phase

彼とよく待ち合わせた場所は、渋谷にある古い名曲喫茶だった。店内はいつも仄暗く、そこそこ大きな音量のクラシック音楽が空間を充たしていて、かしましいおしゃべりは禁止のところだったから、彼とわたしはいつだって会うやいなや筆談を繰り広げていた。そ…

あまりにも美しい口上筆記(ラジオ)

「結論を先に言おう。驚くことに、だ。愛に飢える必要も、愛を諦める必要も、愛を恥ずべき必要も、愛を憎む必要も、あなたには最初から、全くない。AMラジオのパーソナリティーを始めて二年を過ぎるまでの間に、僕は様々なことを知った。物知りになるのは悪…

皮膚

夏に始まって夏が終わるころに終わった愛を皮切りにして、わたしの中の恋慕が枯渇した、どうやら途方もない行く末にすべてを出し尽くしたみたいです。誰をもわたしの琴線には触れず、傷を傷以外のなにかに変えるちからも持たず、わたしはただ変わり映えのな…

まち

我が生活拠点の町に澁谷くんが訪れたのは二回目で、一回目同様にこの町のことを賞賛していた。"生活の町"といった具合に田舎なところなので空が広く樹々が多く、それも中々に彫刻性を持った樹ばかりで空はよく見えるし団地もあるし夕方にはちゃんと知らない…

別にどこにもいたくないから何処だっていいよここにいてくれよ

きみの部屋に女が来てきみに触って帰っていったそれは夏の終わりの夜だったきみは女の肌を思い出しながら不味い弁当を喰って寝る女の肌は白くて汚い肌女の肌は白くて汚い肌わたし誰とでもやっちゃうの、わたし誰のことも愛してないのそれは僕もだよそれは僕…

この日記絶対誤字ってる

バイト先の上司が酒を奢ってくれて、この人に奢ってもらうのは二度目、一度目と同じように彼はとても楽しかったと言ってくれた、ほらやっぱりわたしはエンターテイナーと思いつつも彼のことを人間としてとても好きだし酒は相変わらず美味いしってんで良い具…

大森靖子ちゃんブログ引用

君に届くなこんなに狭い部屋で本を読んでも私が私だということだけが普遍で幸せが一番独創的でなければと思うほどともだちと相違する扉は重くなる 自分でも開けられないほど私が透明になれば外に出れる 今日の予定は靴底にべったり張り付く孤独をだらしなく…

海が見たいとわたしは言った

わたしは明らかに人格のどこかが欠落しているという事をまざまざと見せ付けられた、どこまで惨め。傷付けられたからといって傷付けていいという事にはならないという当たり前のことに気付けなかった阿呆はわたしです、テメェは本当に一遍人を殺さなきゃ分か…

フロントメモリー

ずっと独りだったはずなのに当たり前のように落ち込んだり不在に遣り切れなくなって夢みたいな夢から起き抜け奇声を発して煙草に火をつけたりバイトも遊びも無い休日は大森靖子とコウセイとの子を繰り返し聴いて落ち込んだり起き上がったり、わたしの生活は…

魔法は効かない呪いは解けないすべての季節に唾を吐く

「誰でも良かったんだよ別にお前じゃなくても股ぐらに穴が空いてれば誰でもいい、愛してるとか信じてるとか本当クソ面倒臭いし死にたいとか生きたいとかお前メンヘラじゃね?お前の愛してるも信じたいも全部都合良かったけどそろそろ重いわ、俺もっとスリル…

ずっとはやく卒業したくて生きてきたの

誰も追ってこない帰り道を重い脚を引き摺って拳を握り締めて泣きじゃくりながら歩いた夜が明けて、自分の人生に組み込まれていない人だと考えたらとてもラクになってしまった、そもそも人生に関わってと阿保のようなツラして期待に胸を膨らませていたのはわ…

いつかの詩集(ヤリタミサコだったかな)

カオリン あの夏 2000年の夏 あのとき 死んだことになってから カオリン どうやって生きているの

漫画家になりたかった 野球選手は諦めてた ズケズケとなじられる それは今でも同じこと ドブ川に落とされちまえ 真黒にされちまえ あの頃と変わらぬドブ川 異臭を放っている きつい挫折を味わったというの なんか虚しいそれだけ 喜びあい 憎しみあい 求めあ…

彼の生き方

何も考えず、何も疑問を持たず、心を尽くさず、目まぐるしく現れては去っていく事象を追いもせず、そうやってただ目の前にあることだけを愉しむ生き方がどうにも出来ない。目を塞ぎ耳を塞いだまま笑っていたその結果に何が横たわっているかは、もう痛いほど…

祈り

自分自身のことを突き詰めて考える(己の最も汚く最も弱い、本来ならば一等目を背けたい部分と真向かう)、己の不甲斐なさに耽溺し退廃的な自慰に走るでもなく、居直る癖に他者から忘れ去られる覚悟も持てずに蹲るのでもなく、つとめて聰明に、思慮深く、常に…

わたしの神さん

『溺れるナイフ』を二回観た、叶うことならもっと観たい、永遠に観ていたい。二時間の中にはわたしの人生が在ったから、わたしはもう泣いて泣いて、音がきこえるほどに痛切に分かってしまう。わたしの神さん、わたしの神さん、わたしの神さん。わたしの神さ…