読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっとはやく卒業したくて生きてきたの

誰も追ってこない帰り道を重い脚を引き摺って拳を握り締めて泣きじゃくりながら歩いた夜が明けて、自分の人生に組み込まれていない人だと考えたらとてもラクになってしまった、そもそも人生に関わってと阿保のようなツラして期待に胸を膨らませていたのはわたしだけだったのかも知れない。
バイトの朝は起床と共にやって来る精神の覚醒にやられる、ああまた腐敗の臭いがする一日が始まってしまったようだよと途方に暮れるけど、わたしはそれでもここまで狂わず生きてきた証拠と言わんばかりに気分に合わせた音楽をかけて煙草を一本吸って身支度にかかる、本当に偉いよ。
絶対幸せにするなんてやっぱり悪い冗談だった、今まで何人から何度それを聞いて結局幸せになんてされなかったのだろう、愛してるだなんてつまらないラブレターまじやめてね世界はもっと面白いはずでしょ、わたしの愛だけが関係性のすべてだったのだ?、光る水が爛れた心にしみて生きていけるってことあるでしょう、パチパチと頭の中何かが燃えて消えていく、嫌いな食べ物覚えていてくれないなんて一生一緒じゃなくていいって証拠じゃん、セックスしたくらいで安心してんじゃねえよ、ピンクはもう消えたピンクはもう殺された、あんなに大事なイタズラだって、好きだとかあなたの為ならなんて口では吐きながら結局のところお前はわたしの愛情とか優しさをオカズにしてマスかいてるだけだろ、あなたなら分かってくれるあなたなら分かってくれるあなたなら分かってくれるあなたなら分かってくれるあなたなら分かってくれるあなたなら分かってくれるあなたなら分かってくれるあなたなら分かってくれる、分かってあげるよ、ドロドロ澱んで薄汚いそれも自分の利益になることだけを自然と選び抜いて安寧を手にした気になってるその狡猾さも分かってあげるよ、みんなみんな分かってあげる、わたしは凄いから分かってあげられる、そんな幻想が見たくてここまで来たんでしょ?きみが見たい幻覚を見せてあげるよ、でもねじゃあ一体さ、誰がわたしを分かってくれるの?みんなわたしに好き勝手な幻想を見て、それに飽きたら棄てるんでしょ。ざまあみろって言う為にまだ死なない、殺るならいつだって今だったはずでしょ。
真っ白の反対なんて大して恥ずかしくないよ、戻らない日々なんて最低愛おしくないよ、超つまんないドラマのシーンはお断りですし、夢叶えるより美味しいカレーが食べたい、ずっとはやく卒業したくて生きてきたの、ノーミュージックノーミュージックきみに会える、ノーミュージックノーミュージックくだらない話よ、ノーミュージックノーミュージックとても綺麗で、ノーミュージックノーミュージック毎日クソだ、ミュージック、ワンダフルワールドエンドも独り占め、いつだって想像するのはひとりだけ。