2018-04-21から1日間の記事一覧

悼み

視界に飛び込んできた液晶から映る言葉は相変わらず彼の愚かさを露呈させたものだった。わたしの名前が三回目に変わった日。脳裏にまず浮かんだのは、昼間の白い光のなかで笑うわたしだった。強いお酒を飲まないと眠れなくなって毎日酷いクマを目の下に浮か…