読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいコになんかなるなよ

あまりの働けなさと適応出来なさから社会の輪から早々にしてドロップアウトしたわたしはあまりの金の無さに友達から米や野菜をたまに送ってもらったり、道端で十円玉を拾ったり、男にメシを奢ってもらったりして生きてる、今日なんて23年間の人生で初めて友達から金を借りた。
二週間前くらいから突如として何の前触れもなく蕁麻疹が勃発し、それもまだ治らないし何なら薄汚い跡を残していくのだが、それから察するにそろそろ年齢というものがわたしにのしかかり始めている。ということは、だ。そろそろ正社員として社保完備昇級有のところで働かねば色々と生き延びにくくなる。
それでも全然働きたくない、毎日朝から17時まで働くことが嫌でしょうがない、毎朝7時起きだと鬱になる。
友達や愛する男が過酷な労働を強いられているとあなたが勿体無いので辞めてくださいと本気で言ってしまう。
そんなことに対しての感受性を出来るだけマグロにするよう努めているので、今日も今日とてそこまで不安にならずに生ぬるいなかピーズを聴いたら「いいコになんかなるなよ、いいコになんかなるな、傷ついたって嘘だよ、頑張ったって無理だ、いいコになんかなるな、君はカスだよ、かなりカスだよ、どうせカスだろ、かなりカスだろう」と聴こえてきて、そうだよね、気持ち良けりゃいい。