大事に抱えてきた約束が言い渡してきた相手によって崩壊したのならわたしだって後生大事に軀の利用を忘れていく必要など、無いのだ。