読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年2月1日

切り落とされてまで尚、画面が更新され続けている。様々な文字が蟻のように連なって何らかの形をつくっている。
蛇口は捻れば水が出て、街は相変わらず同じ景色をわたしに見せようとしてくる。歩く人々は相変わらず同じ姿に見えるが、そのひとりひとりが何を抱えているかなんて、わたしに分かるのか。
臓物に重い鉛を落とされ詰められているような感覚がある。拭えないならば、ずっと憶えていよう。いつかわたしが文句無しに幸福な生活を送ることが来たとしても、忘れてなんかやらないでいよう。
本当に悼む者だけが言葉を発しろ。己の震えを止める為だけに吐露する言葉は、紙にでも書いておけ。