2014.03

夢みてる。

最近毎日学園関係の夢を見るんだけれど、今日は「卒業後の歴史はそのまま変わらないのだが学園生アゲインしててみんな戻ってきてて学園生活」という設定で、わたしは風邪だか何だかで帰寮というか始業日に一日遅れで帰った。学園へは何故か英語圏の外人になった父親が車で送ってくれて、その道中はあの道とは全然違く、学園は更に秘境みたいなところへあった。山と川の中なんだけど、山の中過ぎた。

教室へ行くと(窓から見る景色は変わらない不思議)それぞれがそれぞれ雑談したり席に居たりして、ももこが何かを紙に書きながらブツブツ言ってて、何かキレてて、どしたんと訊いたらるつが謹慎なんだよと。

え!るっちゃんが!?とビビると「援助交際だって」と告げられ、え、え、え、え、となっているとももこは「まじありえねーエンコーとかいみわかんねー」みたいなことを言い、わたしは頭ん中でまったく違う意味で意味が分からなく「そうだよな、普通の人は援交とかキモイよな。え、でもあのるっちゃんが?」と思い、彼女の感話を思い出したり笑顔や何か気になることがあるとでっかい目をさらにまんまるにして「ん?」と聞く癖を思い出したりして、あんなるっちゃんが、援助交際、知らん男に金をもらってセックスして、股の開き方さへ知らないような彼女が、わたしなら分かるけど、わたしみたいに今まで汚れてきたクズなら分かるのに、るっちゃんはそんな娘な筈がないのに、なかったのに、どうしてそんなわたしみたいな事をしたの、してたの、あの姿の裏でしてたんだね、とか光の速度でびゅんびゅん考え、わたしたちの知らない彼女の姿やそこに潜んで隠してたでっかいでっかい穴ぼこのことを考えたら泣けてきて、それはもう子供の如く泣きじゃくって、爆泣きしながら席で教科書とか出してる瞳(髪短かった)に「るっちゃん~~」と泣きながら言ったら(これだけで伝わる)、あーそーみたいだねー、とそっけなく、え、え、え、とまた動揺し、見渡せば爆泣きしながら彼女の身体について考えまくって沈んでるのはわたしだけで、あ、あ、あぁ、と思って、目が覚めた。

 

これを書きはじめる瞬間、わたしはるつに憧れてるんだなと思った。

学園時はわたしはわたしを生きるのに必死だったし夢中だったから「素敵な子だ」と認識していて、それはわたしとは全然違う一人として見ていた。違うって、真逆の人だとかではなく当たり前の事だけれど「彼女はわたしではなくて彼女だしわたしもわたしだ」ということ。

グニャグニャの脳味噌になったわたしは今、彼女に憧れてる。まぶしいぜ。

るっちゃんが夕拝で言った言葉で、聞いた瞬間から今まで忘れられない言葉がある。

 

「目に見えない言葉が、どうしてあなたに伝えられるのか。この音が持つチカラは、時には命をも救う大きな空気だ」

 

これを聞いた瞬間比喩でも何でもなく震えた。確実にわたしの一部になった。

 

 

目が覚めたら部屋がいつもより暗くて、ああそうだ今日は雨が降るんだったな、とぼーっとした頭で思いながらカーテンを開けるとやはり雨で、霧雨を見ながら煙草を吸う。霧雨の煙草は美味しいしいいにおいなんだなと思う。夢のなかではももこは援交に憤慨してたし瞳は我関せずだったが彼女らはもしそんなこと起きたら(否絶対無いんすけど)まっさきに爆泣きしたり狼狽える人たちだな何だあの夢。と思う。

るつのような人が援交というのは、何だかわたしみたいな元々駄目子で、しかも自分の持つ闇を簡単に人に話しちゃうような奴がするのなんかよりずっとずっと暗いし深いし泣けるんだなと思う。

るっちゃんに会いたくなった。

禎子さんや黎ちんや瞳ちゃんには、強い直ぐなわたしで会いたいけど、なんだかるっちゃんには、このまんまの、ダメダメなわたしで会いたいなって、ぼーっとそんなことを思う。

2014/03/01 (Sat) 13:15

 

 

 

 

『戦争より愛のカンケイ』 

「私にとってパパはゴッホなの」と、蟹を海へ離すところと、子供の頃の母がクリームをタクシーの中で食べる想像が好き

 

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00990/v00099/v0000000000000000240/

2014/03/01 (Sat) 15:03

 

 

イナーシャル・ラヴ

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00908/v12630/v1000000000000001405/?list_id=1973262

2014/03/01 (Sat) 15:03

 

 

小林大吾/ファンシーデラックス

 

 

 

 

それは贈り物みたいな顔してやってきた こっちにも都合ってものがあるのに

運命はいつだって呼び鈴は押してはくれない いきなり来られたって支度なんて出来てるわけがないんだ

だいたい出番はもっと先だと思ってた 呼ばれずに終わることだって充分有り得た

ちっぽけな舞台とはいえ 今更主役なんてどう振る舞ったら良いのかよく分からない

 

街の外れには魔女がいると聞いて 藁にもすがるような思いで戸を叩いた

誰もが一度は直面するこの事態を 丸く収める為の処方箋が欲しい

錬金術だろうがこの際何だって良いから 上がり過ぎた熱を少し冷ましたいんだ

事の次第はこうだ ある人に出会った美しいと思った それがまずかった

高熱には幻覚が付き物だと言うなら この時の感動が多分そうなんだろう

全てを投げ出しても良いと感じた時には 既にほとんどのものを投げ出していた

朝から晩まで心奪われて ふと我に返る時が何より最悪だ

トンネルの開通を約束されたわけでもないのに 何tもの岩を砕き続けている

 

もしこれが恋というものだとしたら 全力でぶつかりすぎてもうヘトヘトだ 

良いものも悪いものもみんな包み込んでしまう 月夜に花開くようなあのほほ微笑みが

冷えた体を癒やす温かいミルクなのか それともモルヒネみたいな痛み止めでしかないのか

交わりそうにない2本の平行線を思い浮かべると目眩でクラクラしてくる

 

魔女の答えはこうだ そんな薬はない 人様に頼るようじゃ底が知れてるな

ラブソングでも聴いてりゃいいじゃないか そこから学ぶことは一つくらいはあるだろう

どうしてもというなら古くから伝わるこの由緒正しいリセットボタンをやってもいいが

こいつは一度押せば色恋沙汰どころか 世界のちゃぶ台をひっくり返すような代物さ

分かったら帰りな ドアはあっちだ

 

ラブソングみたいになんか上手くいくものか 誰かの話が役に立った試しなんてない

分かってるんだからよせばいいのによりによってロイヤルストレートフラッシュを相手に全開のレイズ

普段の笑顔一つでひらりと躱されて ちょっとしたイカサマくらいじゃ歯が立たないんだそう 分かってるんだからよせばいいのにロイヤルストレートフラッシュを相手に1001回目のレイズ

 

テーブルに置いた魔女のリセットボタンを いっそ押してしまいたいと何度手を伸ばしただろう

叩きつけるようにして振り出しに戻すことが出来たら 晴れやかな日々をまた始められる筈じゃないか

たったそれだけの事がどうしても出来ないのは この先二度と拝めない輝きがここにあるから

魔女は腹を抱えて笑うだろう 今までそれを押せた奴なんて一人も居やしないんだ

朝から晩まで心奪われた挙句 魔女にさえ手のひらで転がされて

ちっぽけなボタン一つままならないんだから 全く良い加減嫌になってくるな

2014/03/01 (Sat) 21:21

 

 

頭どっかーん

「憎んで憎んで憎んで憎んで憎んで憎んで憎んで憎んで憎んで憎み通して、起きて憎み、寝て憎み、息をするたびに人を憎んで、殺したいのか死にたいのか分からなくなるほど人を憎んだことはあるのかよ。

それが分からず謝るなんてお門違いだし、おれはもう許す許さないとかなんてどうでもいいと思ってる。

許せるのなら許しているし、許せないのなら殺してる。

自分が死んだ方が簡単なんじゃないかって思うくらいに僕にはそういうった事の境界なんて分かりゃしない。」

2014/03/01 (Sat) 21:33

 

 

 

セックスって何なんだ。

消えちまえばいいのに。

一緒に布団に入って、おやすみって言って、そしたら向こうもおやすみって言うんだ。

それでいいのに。それだけでいいのに。

2014/03/01 (Sat) 21:35

 

 

 

「愛してるからセックスするっていうのがどうにも分からない」という事を言う人がちらちら居る。それはわたしも分からない。自分の中で定説にしているのはOrigin Of Loveの歌詞なんだけど。でも、愛≒セックスじゃない。気持ちよくなりたいからセックスするんですって言えばこんなわたしでもすごくよく分かるのに。

 

気に入ってはいるけれど愛しちゃいない人たちとセックスして、本当に愛してる人とだけはしないんだ。愛してるから言葉を交わしたり美味しいものを一緒に食べて「美味しいね」って言い合ったりする。それで一緒に眠るんだ。おやすみって言い合って。もう一回夜が来ちゃえばいいのにねって。

そうだったら、なんて分かりやすい世界だろう。

2014/03/01 (Sat) 21:52

 

 

見つけられなくてこれで良かったんだと思うよ

こんな日記はわたしを知ってる人は誰ひとり読むべきじゃないと思う。

2014/03/01 (Sat) 22:43

 

 

 

「“私の事実”を見ようとしなければ、自分の最深欲求が分かる筈がない」

2014/03/02 (Sun) 13:34

 

 

今日から三月が入場です

キチガイって純粋

50円で愛を弾け

2014/03/04 (Tue) 10:42

 

 

四角い部屋

お昼間すぎにインスタントドリアの素を保温スイッチが切られた炊飯ジャーの中に残っていたぬるい米にかけてオーブンで焼いて、さあ食べようと自室へ運ぶ途中でドリアが入っている耐熱ガラスが手からするりと落ちて割れた。

壁やドアやピアノや床にドリアのピンク色がブチ撒けられていて、吐瀉物みたいで、ガラスは綺麗にみっつに割れていて、けれど美味しそうなにおいがしていたからスプーンでその吐瀉物を4、5口食べた。ガラスの破片を飲むかも知れないなあと思いながら食べた。

 

 

10時過ぎに起きて、音楽を流したらぼーっとした頭のまんま煙草を吸う。これがわたしのしあわせ。

わたしに煙草を吸わせてくれるひとが好きだな。

 

足の爪と手の爪を赤く塗る。

 

瞳にあげるプレゼントを考える。買う時間が見付からんくて焦る。明日は待ち合わせより先に行こう。彼女の両耳に興奮しながら開けた穴は塞がってしまっているからピアスはあげられない。

 

どーん

2014/03/04 (Tue) 16:19

 

 

 

「私は誠実でありつづけるとともに不実でもありました、どちらも愛のゆえに」

2014/03/04 (Tue) 16:30

 

 

ユミちゃん

ユミちゃん

「わたし多分セックス好きじゃないんだよねえ。でもしたくなる時も勿論あるよ、朝とかね、朝は駄目だとおもう、で、セックス。なんだけど、したいって自発的に思ってもわたしが楽しくてドキドキしてるのってほんっとうに最初の方だけなんだよね。ふたりともバカみたいに全裸になってじゃあ入れるよって間抜けな台詞吐いてウンってこれまた脳味噌プリンかテメーはよって自分で言ってて思うとこまで行くともーーーーーーーーどうでも良くなってる。もう仕事みたいになってくる。それで相手が遅漏だった時なんか最悪だよ・・・・・・・挿入中でズッコンバッコンやってる時にさ、それまでテンション上がってたとしてもだよ?フとした瞬間に、天井の方、上の方で冷静なわたしがアンアンアンアン間抜けで且つアクロバティックな体勢で頑張ってんの見降ろしてるのが見えちゃう時が結構あって。そうするとその上の方のわたしがスーッとわたしに降りてきて、もうアンアンしてるわたしは冷静そのものだよ。ベッドのギッシギッシってゆう音がすっげえリアル。・・・・でもさァ、相手は気持ち良くなりたくって頑張って突いてる訳じゃん?そこで、もうやめて、なんて言って抜く気力すら無いというかそっちの方が面倒臭いじゃん。後が。だからわたしが望むことは、あーはやくイってくれそんで煙草を吸わせてくれって事だけなんだよね。じゃーなんでセックスしちゃうのって?興味が強いんじゃないかな。好奇心というか。ドキドキするのが死ぬ程好きなんだよ。まあそのドキドキも、すぐ無くなっちゃうんだけどね。あ、あと、面倒臭いの嫌いなんだ。あーコイツやりたいんだなって分かるともう怠い。さっさとヤってさっさと終わってくれって思う。わたし、自分の身体が自分のモンだって自覚、薄いみたい。商品だって考えたほうがしっくりくるんだ。あー、ドキドキしたいなあ」

2014/03/04 (Tue) 16:32

 

 

The Mirraz ハッピーアイスクリーム

https://www.youtube.com/watch?v=s3DPEwUeWXE&list=RDvemZdszS3Xk

2014/03/04 (Tue) 16:46

 

 

 

ときどき僕は何を信じたらいいのかわからなくなる

それは愛してるはずの人のすべての

言葉、行動、心さえも疑う僕を

誰か殺して 気付かないように痛まないように

そっとそっとそっとそっとそっと

そっとそっとそっとそっと殺して

 

なんでこんなことになってしまったんだろう?

いつの間にこんなことになってしまったんだろう?

知らぬ間に絡み合った電気のコードみたく

ほどこうともがけばもがくほど強く絡み合っていく

気付けば身動きができなくなっていて

磔の刑みたいになってなってなってなってる

 

自ら望んだわけでもない

間違えたのか?正解はいつわかるんだろうか?

 

溶けてなくなりたい溶けてなくなりたい溶けてなくなりたい

溶けてなくなりたい溶けてなくなりたい溶けてなくなりたい

溶けてなくなりたい溶けてなくなりたい溶けてなくなりたい

 

本当なのかどうか 何回でも確かめたいよ 不安を抱いてる

ああ「信じる」ことが僕の最大限出来る事の全てなんて無力

でも信じることさえ出来ない僕は

もっともっともっともっと無力

あげく疑うから僕は卑怯者でまた君を傷つけて…

絡み絡みあったコードの中を夢中でもがくから

強く強く強く強く強く強く強く強く強く強く

強く強く強く強く強く強く強く強く絡みあっていく

逃げ場もなく呼吸もできなくなって

でもそれが繋がるってことなんだろう

でもそれが本当に正解かなんてわかるわけもなく

 

「傷つけ合う=解り合う」だなんて

方程式は知りたくもないし

「傷つけ合う=解り合う」だなんて

方程式は知りたくもない

やり場もないし言葉も出ないし

生まれてきた感情をどうしよう

「傷つけ合う=解り合う」だなんて

方程式が世の中にある

 

ときどき君が何考えてるのかわからない時がある

とはいえ最初から君が何考えてるかなんて

わかるわけもないんだけれど

君の心が読めるわけでもないし

テレパシー能力を使えるわけでも

魔法がつかえるわけでもないから

僕らに与えられた能力は不完全

 

自惚れてたのかなぁ わかった気になってた

君が泣いてる理由もわからなくて

どうした?どうした?って聞く事しか出来なくて

君を傷つけることでしかわからない僕は愚か者だ

言わなくても伝わるなら

そんなテレパシーみたいな能力があったのなら

僕らはもう少しうまくやれたのかな?

僕らはもう少しうまくやれたのかな?

僕らはもう少しうまくやれたのかな?

 

ときどき君の心がわかるみたいに

同じことを言ったりして

それはまるで同じ事を考えてたみたいに

言葉がハモったりして

 

だけどたまに君は僕に

あわせてるんじゃないかって思う時がある

全然知りもしないこと

思ってもいないのにいいねって言ったり

君の優しい嘘

それらは僕のためにあってそれを許せたのなら

僕らはもう少しうまくやれたのかな?

うまくやれたのかな?

 

本当なのかどうかなんて愚問 たりらりらんてファンを抱いて

「逢いたいから」なんて愛の名において大体身体目当て最低

そう僕らはちょっとルーズでだらしない生命体だ

しょうもないね

そりゃ神様だって面倒見きれずに見捨ててしまうよな

ってなんで?

正解なんてきっと残されたもの側につけられた名前で

正しさなんて曖昧でその真実なんてどうでもよくて忘れられて

知らんぷりして大人になって

その代償に僕らは生かされてるだけなんて知りたくもないね

でも真実なんてそんなもん 恋する乙女になって現実逃避

 

失ってから気付くことだなんて

最初っからわかっていたハズだろ?

失ってから気付くことだなんて

最初っからわかっていたハズだろ?

行き場もないしやることもないし

生まれてきた僕らはどうでしょう?

失ってから気付くことばかりが

多過ぎる世界と気付いてきたんだ

 

悪い夢を見たんだ 例によっていつもの夢さ

君がいなくなってから見る夢

目が覚めたら灰色の景色 

今日も曇り空 君を背中から抱きしめて眠りたいだけ

本当の自由なんてないんだよな わかってるつもりなんだよ

 

でも繋いででも繋いででも繋いででも繋いで

ただ繋いでただ繋いでただ繋いでただ繋いで

 

同じ味覚、同じ聴覚、同じ視覚、同じ嗅覚、同じ触覚、

同じ感覚、同じ心、同じタイミング、

おなじおなじおなじおなじおなじおなじおなじおなじ

同じ言葉 僕はアルト 君はソプラノ

ってな具合に奏でるハーモニー

幸せと照れが混じり合う 奇跡みたいな時間 魔法の瞬間

 

本当なのかどうかなんてもうどうでもいいよ君を抱いて

信じるも疑うも君の存在を認めたいだけなんだごめんね

自分の為だけに生きるのは卑怯だと思い

誰かのために生きるふりをして

実はそれを言い訳にしたいだけで

手を抜きながら生きてきたんだ

 

絡み絡みあったコードの中を夢中でもがくから

強く強く強く強く強く強く強く強く強く強く

強く強く強く強く強く強く強く強く絡みあってよ

どこにも行かずここにいるからね

繋がるってことを今探してるんだから

本当に正解かどうかなんて今はわかる必要なんてない

 

傷つけ合ってまた解り合って

その傷を癒すために共に生きよう

傷つけ合ってまた解り合って

それをただ繰り返しながら生きよう

そしていつか完全に解り合える日がくると信じて少しでも

うまくうまくうまくうまくうまくうまく

うまくうまくうまくうまくうまくうまくやっていこう

2014/03/04 (Tue) 18:06

 

 

 

↓ の歌詞なんだが、最初の方はすごい好きなのに段々ラッドみたいな居直り方をしててなんかダメだわ。

「一緒に生きようお互い認め合ってサ」みたいな「これでいいんだ」なんて要らねんだよ。

ちゃんと最初から全部読んだら「甘えてんな~~」と思えてきた。

メロディー自体は好きなんだけどなあ~~~おしい~~~

2014/03/04 (Tue) 18:08

 

 

アメーバ週間だった日記

5日~さっきまでずっと東京へ行っていた。18日~また居なくなる。

携帯画面がお釈迦になったのでこれを機にと「スマホにしたい」と申し出たらふざけるなと一蹴されたのでこれからもガラケーユーザーです。

瞳に会って、SIOUXに会って、良ちゃんに会って、小宮山に会ってキレて、免許のみんなと会って、うなじくんと友達になり、あと鰐の小説観に行ったので澁谷にも会った。青木女史可愛かったな~。

経堂のミルクボーイ良かったな。

下北沢のぶーふーうーで良と雨宿りしつつ鰐の小説開演を待っていると笹口さんが入ってきた。ずっと見てしまった。一度は諦めたが話しかけてしまった。会話をしてしまった。握手をして、写真まで撮ってしまった。生き続けるってこういうことなんだ、すんげいな。と思った。喫茶店を出たわたしと良は興奮しすぎてて、ドシャ降りの中ピカイチまで走った。笑いながら走った。笹口さんと会えたことは勿論なんだけど、良ちゃんとそんな奇跡に出食わして、そう出来たことがすごく嬉しかったんだ。

 

殺しの依頼を果たしてから始まったアメーバ週間。

1、2、3、4、5

良から教えてもらった『式日』を観た。

たくさん酒を飲んだ気がする。

フォルクスワーゲンとか初めて乗っちゃった。イイ車の中で爆音で流すメタルは最高だな。

なんだかすごいたくさんの事が、つらつらと流れて行った気がする。

良が岐阜行っちゃうのすごく寂しいな。羽毛布團燃やしてごめんね(故意では全くないけど)(アレすっげ臭え。ダイオキシンの臭い)

Impellitteriを知った。

メタルを爆音で聴いてるとあんま何も考えなくなって、「きもちいな~」と興奮が体を満たす。最近あんま考えることをしていない。感じることはしまくりだけど考えていない。

最近まで自分は犬か猫かなら絶対犬で、んでもって犬みたいなひとが好きなんだべなって思ってたけど全然違うんだなって気付いた。

犬が好きなのはアレが動物だからで、犬みたいな人は段々「怠い」と思えてくるしわたしは結局わたしのしたいようにしか出来ないし、何かもう自分なんて猫とかいうレベルじゃねえな、鰐だよな、みたいなことを思った。

自分が自分として立った上で寄り添ってくるのは全然構わないのだけど、身体全体で伸し掛られるのほんと無理なんですよ。怠いんすよ。

甘えられたり依存されたり愛を求められたり所有されたがったりするのが最近どんどん駄目になってきてる。昔はそういうの好きだったんだけど。何だかな~。

わたしはわたしの事支えるので精一杯だし求められても何も出てこないしわたしは誰のものにもなれないし(なりたくてもなれなかった)すぐ怠くなるし面倒クサって思うしよく「知るかよ」って思っちゃうしわたしのした事でどんなに他者が傷ついても結局わたしのしたいようにしちゃうし「君と僕だけの世界」とか要らないんすわ。

何求めてんの?って、考えてないっす

2014/03/16 (Sun) 19:02

 

 

 

自分の書いた文章読むと天才だなって思うんだけど落ち込むな。

ポイドル聴いてたら死にたくなってきた。すんげいディストピア

女の死にたいなんてラップのYO!と同じだからってまじそんな感じで捉えて下さって構いません~~。

 

とっくの昔に壊れた股ぐらだよ。大事なもんみたいに思わなきゃ思わなきゃ思わなきゃって笑わせんなよ。

わたしの身体は商品で、容れ物で、そんだけ。それが一番しっくりくる。この容れ物が無かったらと何度も考えたけど身体を脱ぐことは無理で、考えたって不毛だ。

どうしてあなたたちは好きな人が誰かとセックスしたら悲しむの?この世の終わりみたいに悲しむの?分かるけど、わっかんないんだよ。「裏切られた」以外の言葉で説明してよ。所有?人を所有するなんてハナから無理だよ分かんないの?どうしてみんなセックスに重きを置くのそこで愛(笑)を見出だそうとするの?自分の気持ちを、一番柔らかいわたしだった時に一緒に生活したひとに話したら、また頭が考えはじめてしまって、参ったなあ。

2014/03/20 (Thu) 14:29