2013.12

「もう好きじゃなくなったのかな」

セックスしようすら来なくなった

「もう好きじゃなくなったのかな」

セックスしようすら待ってしまう

僕は頭がよわいから

もう好きじゃなくなったのかな

僕のやわらかいところすら

もうどうでも良くなったのかな

もう好きじゃなくなったのかな

2013/12/11 (Wed) 22:07

 

 

 

 

代々木公園

昨日知り合ったばかりのきみとラブホに行くの

好きな食べ物すら知らないきみとシックスナイン

首を絞めるのが好きなこととか

きみがあたしを突き刺すそれは結構痛いとか

おしりのしたほくろがふたつ

きみについてそんなことばかり詳しいです

昔のトラウマは知りません

 

きのうの夜のことは知らないふりが上手

フェラチオの最中で呟く愛なんて嘘っぱち

突かれるあたしのおでこに落ちた汗の味は知ってても

きみの涙はにおいすら知りません

きのうの夜のことはもう忘れましょう

かわいいあのこが待っているから

あたしはおうちへ帰らなきゃいけない

あたしはおうちへ帰らなきゃいけない

 

2013/12/11 (Wed) 22:33

 

 

『名前のない少年、脚のない少女』

ボブ・ディランが好きな少年。

ミスタータンブリンマン。

死んでるのかも知れない。

最初、ネット上で自撮り上げてる女の子に恋してて妄想してんのかなと思ったけどどうやら違うっぽい。

生まれ変わりか生き霊かはたまた死んでるのか。

素粒子な撮り方が現実じゃないみたいでとてもきれい。

好き。

最後の6月祭での母親とのダンス後に母親が一人残されて泣きながら笑いながらひとりで踊ってるシーンで泣きそうになる。何でかは分からないけど。

2013/12/25 (Wed) 19:15