読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014.6.30 官邸前抗議

群馬で絶賛臨床実習中で、死ぬほど行きたいけど絶対行けない、悔しいと思っていた。でも気付いたら口と足が勝手に動いてて、官邸前に居た。


ここで行かなかった時、わたしは自分を更に嫌いになるし、戦争が起きた時後悔するのは他でもないわたしだ。


安倍首相ヘイトのシュプレヒコールが鳴り響くなか、この政策を押し切っているのは安倍首相だし、ゆえに安倍NO!の叫びがあるのは分かるしわたしも叫んだけれど、本当のところ見詰めるべきものはわたし達一人一人の中に在るものなんだろうなと思う。わたし達の中に在る、他人事という意識、朧になった白子のような脳味噌でぼんやり決める危機感の無さ、その時の多数派、メディアを媒介にして何も考えず流される愚鈍さ。わたしが気持ち良く過ごす為に死んでくれと思う独善さ。そういうことなんだよな。


ここまで来た。もう安倍首相の狙いは抑止力じゃない、戦争をすることだ。そんなこと明白だ、鋭い人は分かってる。戦争は金になる。わたしたちの死はきっと旨いだろう。


抗議の最前、官邸ド真ん前で警官の方々と抗議の方々がぶつかり合いをしていてさながらメタルのライブのモッシュの中、瞳を腕で囲って守りながら一緒に叫んだ。彼女の顔を見たら目にいっぱい涙を溜めて喉が涸れても叫んでいた。腕の中には彼女の感触があって、戦争反対ってこういう事なんだと思ったよ。


全部を投げ出して行って良かった。

わたしはわたしを誇れる。


f:id:nanaco062:20140701093104j:plain