2013.09

二十歳らしいです日記

「祈るんだ 祈るんだ キーオ 腐りかけているんだ 腐ってしまうんだおまえは キーオ(町田町蔵)」

 

 

二十歳になるんだってさ。

実感無いです当たり前です。

零時にまずステディがおめでとうと電話を呉れて、その後佑太がおめでとうと電話を呉れて、朝にはパソコン画面の中におめでとうが。夕方にはちんたてと希言とはんはんが三人で電話くれたよ。ハッピーバースデイを歌った後にわたしそっちのけで「今ハモった!?」とか言い合っててすごく懐かしいなあと思ってほんでもってすごくうれしいなあと思った。

ハッピーバースデイを今回は二回歌ってもらったけど、アレはどうしてだろう、泣いてしまう。

 

誕生日は毎年でっかい人には忘れられているので、去年頃は確か「自分で自分に心からおめでとうと言えたら満足だ」と思っていて、昨日の夜煙草を吸い吸いそんなことを思い出して、何だかやっぱり言える気がした。

19歳はわたし史上最クソになった年だったけれどやっぱり言える気がした。

だけどもやっぱりちょっぴりさびしんだ。

 

さっき、はなげ(み)ちゃんがわたし宛にtwitterで貼ってくれたゴイステの動画を観て爆泣きした。

とても良い日だと思った。

すごくうれしいと思った。

みんなみんな生きたらいいと思う。

 

峯田はやさしいんだ。

むき出しで、ドロドロに汚くて、それでいて澄み切っているんだ。

すごくやさしいんだ。

わたしは到底こうはなれないから、まぶしい。 

でも、わたしの中に確かに居る赤ん坊のわたしを、もう放って置くのはやめようと思っているよ、禎子さん。力也さん。

 

わたしが分かんなくたって、でっかいアナタは分かっているのと彼女は言う。

そうなのかい?

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=pQGBFbYo0gI

2013/09/02 (Mon) 21:20

 

 初バイト終わったよ日記

ほろよい は 酔えないから ほろよいではなく ほろ止まり

2013/09/05 (Thu) 22:49

 

 

臨床実習てなんですか

臨床実習に向けて、アンタ一体どう頑張んの頑張るんだろ頑張れや週に一日も休みやるんだぜ有無言わさずやれやソレ自己アピール!自己アピール!就活酷似!っていうレポートを9日までにしなくてはならない。

 

ここで大問題なのがやる気起きないそこではなく「全く行く気が無い」ということ。まあ行くけど。でも行きたくないよ。最近のわたしの口癖「モロッコに飛びたい」だよ。

と思いつつtwitterバチバチしてたら「アッ、そこだ!」と、ピコーン!ときた。

そこですそこ。全く行きたくない、DHという職業に最早遣り甲斐感じない、そこ。

もうゲロっちゃうつもりです。

まあまず実習先の医院に持ってく前に担任に見せるのでその時点でボツ喰らう気がまんまんまんこですが。

幸いなことに二年時に行く4つの医院の内、最初のところは普通そうなので(それ以降はインフェルノ)。

ゲロるしかないだろ。

自分の気持ち書くレポートで嘘書いてどーすんの。馬鹿でしょ。

更に担任には嫌われちゃいそうですが。

がんばります。

ほんとうです。

がんばります。

言葉に誠実で在ること、それをがんばるのです。

2013/09/06 (Fri) 15:19

 

 

 

 

すごくおめでとう。

すごくうれしい。

ほんとうだよ。

2013/09/06 (Fri) 15:26

 

 

「大事にしてたのは嘘ではないよわかって欲しいわかんないよね」

彼氏が欲しいとか彼女が欲しいとかあの娘とエッチしたいとか。

恋人が出来れば寂しさが無くなってくれていいな?

あのこの隣に居れたらずっとハッピーさ?

そんでもって自分の中の穴にある時気付いてこんな筈じゃなかったを言うの?

近くになるということはそれだけ傷付け傷付けられやすくなるということだ。

君の白いところを塗り潰すことは赦されないこと。

犬はリードに。金魚は水槽に。インコは鳥かごに。

わたしはエアープランツですら枯らしてしまう。

「君とは共鳴したと思ったのに私の全部を君と分かち合うことが何故だか出来ないみたい」って馬鹿か最初から全部まるっと分かり合うことなんて出来る訳がないんだよ。

孤独の最小単位は「ふたり」で、わたしの悲しみや苦しさや痛さやどうしようもなさやきもちよさはわたしのものでしかなくてそれにわんわん泣きじゃくる夜は今までだってあったしこれからもあるよ。

「この空洞は、人間じゃ埋められない。だからあなたがどんなにわたしを愛してくれてわたしがどんなにあなたを愛したとしても、人間であるあなたには埋められない。それでも、人間のあなたに一緒に居て欲しい」と思うかどうかって。

 

残酷で絶望をずーるずーると引きずる行為をやめて光を求めたわたしをあなたは悲しんでドス黒い私を懐かしがったりしたね。

TSUTAYAのエレベーターで出遭ったわたしに気付いた?わたしは気付いたよきっと君も気付いてただってすごく厭そうな顔してたもんねわたしはその時よく知っていてそれでいて肝心なこと全然知らない男と一緒に居たものね。

 

死にたがりの絶望したがりの甘えたな君は死なないでいいよ。

愛してた気になってたきっと君もそうだったんだよ自分を化粧することはお互い得意分野だったでしょう?

「簡単にハダカにならないですぐ飽きてしまうから」

君が愛してたのは支える腕を持つわたしであってわたしじゃなかったけど君はそれに気付かない。

わたしは自分を誤魔化していたんだってことに気付いたよ。

きたないきたないことに気付いていたんだよ。

 

緑の目を持つ君の事をほんまに綺麗だなあってずっとずっと思い続けていたしきっとこれからもそれは変わらないんだと思うでもそれは君の全部じゃない。

屋上で最後に甘さが残った言葉を交わしたあの時の橙は今だって忘れちゃいないよ君はどうか知らないけどそんなこともう問題ではないんだ。

夜の雪道の底が見えない真っ黒な眼も微笑って長い睫毛が瞬いた時に世界が黄金に輝くあの景色も忘れちゃいないよ忘れる気もないよ。

15のわたしから18のわたしは君と生きることを気がふれるまで願いまくったけどもう君は君を生きれ否もうすでに生きてるけど生きまくれ。

わたしはもう女子高生のわたしじゃないんだね。

 

マルボロの箱と首を絞めにかかってくる腕をおぼえてる君はわたしが泣いたことをおぼえてる?君のこと嫌いにはなれないよ。

 

 

確かめるようにふたつ夜を見詰めたけどやっぱりその時にそこに君のはじっこはありゃしなかった。

わたしは君の全部に焦がれてたわけではまったくなくておかしすぎて狡すぎるなあって失笑が飛び出す。大切な何かを踏み躙るようにして吐くわたしの「好き」なんて死んじまえって思いましたあの時から何度も何度も思いました。

 

「とっても不幸になりたいのだから我慢してキスをして」。

頭の弱いわたしはおんなじことをして脚に絡みつくシーツを解こうとしたけれどそれが本当の意味でおんなじことではないなんて事は最初から知ってたよ。

窓の幅に体育座りをして外へ何度も煙を吐き出した。わたしが死んでく気がした。

 

伝えた言葉も感情も好きも寂しいも行かないでも嘘ではないよだけどそれは愛なんかでもない。

煙草を吸って待ってたミニストップおぼえてる?わたしは君のにおい忘れてないよ大好きなにおい忘れてなんかいないよ。

背骨も肋骨も皮膚もああこんな感じだったって確かめたくなるけれどその後に待っているものが何なのかって知っている。

そんなことをしたってどんなことをしたって空洞は埋まらないって知っている。

寂しさは消えないんだってことを知っている。

きっと君ももう分かってるよね。

君の笑った顔がやっぱり好きだったなんて嘘だよ嘘ではないけどねわたしだけに見せる顔が好きだったけどそんなものよく考えれば何処にも無くて逆を言えば何処にだってあの娘にもあの人にもあってあってありまくるんだからつまりはそういう事なんだ。

「君が大切だよ」だなんてそんな綺麗なこと今さら言えません。

 

 

世界は最初から真っ二つだよ

ニーナあの夏、ニーナ、どうやって生き延びたの?

「お前の国の言葉なんて知らない」

キスしたから好きだよ?セックスしたから雑巾だよ?

一緒に夢を見たって愛にはならないよ

わたしのなかの赤ん坊が泣く泣く泣く

うるさいからって逃げたって無駄なことだって

あの夜たちを越えたいだけ

 

神様、あなたに会いたい。

 

2013/09/15 (Sun) 22:13

 

 

 

 

日が明けても彼女と歩いてた

2013/09/20 (Fri) 5:34

 

 

こんな日記は誰も読むな

しぶやくんに会いたい。

ひとみちゃんに会いたい。

えりさに会いたい。

ゆうたに会いたい。

誰にも会いたくない。

2013/09/20 (Fri) 19:42

 

 

ユキちゃん

終わらせたくなくてセックスしたら終わったみたいですって頭軽すぎやしませんか。

きみのほんまを確かめてみたらそこにわたしが愛してたきみの先端は先端すら無かった。きみはきみにしか先端を見せないみたいってそれはどうなのか知れないけれど少なくともわたしにはそれを見せようとはしなかったって所詮それだけの存在だったんですよね僕ぁ。

誰でもいいからとにかくっていうときにきみは「会いたい」って言ってきたんだよね分かってるよ。その会いたいにいちいち一喜一憂してたわたしが愚かでした。

何も創れんからって国会議事堂から投身自殺したらそれは芸術になりますかってならねえよ三島由紀夫かわたしは。

2013/09/22 (Sun) 6:26

 

 

 

あくび と ちくび は、似ている。

2013/09/22 (Sun) 6:30

 

 

 

TRACEY EMIN

 

『MY PHOTO ALBUM』

2013/09/24 (Tue) 15:14

 

 

YOU&I   VS   THE WORLD

銀杏BOYZのサイトで、アルバムのMVの為の女の子の投げキス動画募集中と書いてあり、ついに、ついにアルバム、アルバムついに出すんだ!と光を見ました。投げキス動画送りたい。けど動画ちゃんと撮れる機材を持ってないのだな。僕は。

 

そんで、銀杏がアルバム出すんだーって色んな人がね、twitterでね、嬉々としている訳ですよ。

アルバムだ~!あうあうあ~!とか言い合っちゃってんの。合っちゃってんの。それ見ると、きもいな、と思う。

前にわたしは「恋人が出来ちゃったら銀杏をほんまにそこに立って聴けなくなると思う」という事を言って、つまりはそういうこと。お洒落やろっていう自撮り写メをツイッターに上げちゃうような人たちのお友達同士でキャッキャウフフと銀杏銀杏のやり取りし合いは何かが違う気がしてしまう。わたしは卑屈だからね。

でもそんなのどうだっていいことなんだ。

今わたしを幸福な気持ちにさせている事実は、銀杏の音楽が、音楽の神様が再びどすんとズキュンと貫いてくれるということ。

それだけだ。他を見る必要なんか無いんだよ。

 

明日は何かいいことあればいいな。

絶対あるよ。わたしはそれを知ってる。

2013/09/24 (Tue) 20:26

 

 

20回目の9月が終わるのdeath

牛乳レンジでチンしまくってインスタントコーヒーぶち込んだカフェオレって少しでも冷めるとどうしてこんな不味くなるんだろうって毎度びっくりする。あんなんカフェオレじゃないよ。汁だよ汁。

 

わたしは煙草吸うとき窓を開けて手を外へ突き出して吸うんだけど、もう窓を開けていても蚊が中々侵入してこない季節になったね。昨日は木場公園で8箇所くらい刺されたけどね。それがもう昨日だなんて。たったの昨日だなんて。とても前のことみたいだ。時間の流れにはいつだって心が追い付かないよ。

 

今夜が夏休み最後の夜なんだってさ。

明日からまたあの日常を始める。10月の入場と共に。

秋になったらすぐ冬が来るかな。そんでもってすぐクリスマスが来て。キリストの生誕日にせっせと恋人たちがセックスする日が来るのかな。あっという間に時間が経っちゃえばいいのにと今は思ってしまうよ。季節の終わりには気付きたいけどさ。そしたら君にすぐに逢えるからね。

 

貧乏ってPOPじゃないか。っていうなつめそうた氏の言葉を励みにお金が無い生活をしみしみ送れたらなあ。

 

今日って何曜日?

2013/09/30 (Mon) 21:54