日々の穴

『怒り』という映画を母親に勧められて、あまりにも勧めるものだから観に行った。それからというもの、過去に自分に行われた散々な行為を毎日少しずつ思い出しては毎日落ち込み、改めて自分の育った家庭の歪さに気付き絶望する。わたしに降りかかった事を知…

あいどんわなだい

もういい加減飽きません?ってくらいずっと雨が続いていて、洗濯物乾かないよーなんて阿呆面下げて困ってる間に夏は退場したのらしい。昼間なのに暗い部屋の中で一人銀杏BOYZをイヤホンつけて爆音で聴いたら「あ〜愛が腐ってく〜」なんて謎の思いが沸々とわ…

23年も生きました

敬愛する原田ちあきちゃんが誕生日を迎える翌日なのでわたしの誕生日は来たれり、死なないように生きてたら23歳になった。死なないように生きてたら○○歳になったって去年も言ってたな。22歳の一年間はマジで21歳の繰り返しみたいで、愛に生きてそれでもわた…

絶対少女

共に生きる為に身に付けた呪いにより独りで生きるには殺され続け、それでもその呪いが無いと一緒に生きてはいけないひとより、やっぱりわたしはわたしを生かしたいとどうしたって願ってしまった、わたしの愛だけが、関係性のすべてだったのだ。もう殺された…

ファックミー、ファックミー

「てか、もう飽きたよねIIIくらいまではワクワクしたけどあと焼き直しだったよね、ゲームはやめよう」つまらんつまらんつまらんつまらんくだらんくだらんくだらんくだらん、世界ダサすぎて22歳にしてもう人生飽きましたはーい、わたしのこと好きならわたしが…

みんな死ねばいいのにと思う

大事に抱えてきた約束が言い渡してきた相手によって崩壊したのならわたしだって後生大事に軀の利用を忘れていく必要など、無いのだ。

嫌いなものを嫌いと口に出して生きている、きみは嫌いな人すら居なくてとても可哀想、わたしは好きなひとのことより嫌いなひとのことの方が詳しくて、今日も嫌いなひとのツイッターにインスタグラムにフェースブックに飛んでスクロールして「ダセェ」と一言…

やっと新譜を買えました

愛が神聖なものなんて嘘だし絶対嘘だし、人間の愛なんて絶対に神聖じゃない、「愛と平和」って愛は平和じゃないというそれは本当にそうで、愛って単語吐いておけば美しくなれると勘違いしてるお前は気持ち悪い。愛は平和でもなけりゃ神聖なんて以ての外と痛…

サヴァイヴの資格

サマーが入場した模様です。わたしは夏をこよなく愛して止まないのですけれど、夏は頭がおかしくなる人が増えるのでそこら辺はすこし困ります、毎年毎年。夏になると聴きたくなるバンドがあって、HINTO,never young beach,alfred beach sandal,yogee new wav…

女を見下さないと満足出来ない病気のオッサン

「不幸自慢のアル中とシラフでケンカした帰り道、人生ツマミにしけてんな、酒をツマミに明日もがんばろうぜ、最後に負けたら台なしね 最後までやれなきゃ能無しだ」彼氏が居るって何遍も言ってるし好きにならないと何遍も言ってるのに好き好き宣っては勝手に…

ペニー・レイン

もう十回以上観ているであろう『あの頃ペニー・レインと』をまた観ている。思春期真っ盛りのときから何度も何度も繰り返し観ている映画は、ヴァージン・スーサイズ、あの頃ペニー・レインと、17歳のカルテ、ベティ・ブルー。ペニーの言った「どうして愛され…

TOKYO BLACK HOLE

『苺フラッペは溶けていた』『これで終わりにしたい』は、いつ何時聴いても泣いてしまう。どうして強く生きてはいけないの、弱いままならとっくに死んでいた、生きてって言うから強くなったのに、どうして弱さを演じる女を可愛がるの、悔しい。きっとこの強…

君の愛してるは安い

今ならあいつが何でも信じやすいお人好しって分かるからいくらでも演じていくらでもせびってやったのにな。嫌いな人間に愛愛愛愛言ってみた、嫌いな人間は嬉しそうだった、嫌いな人間は人の輪の真ん中になれないとすぐに分かりやすく気を損ねて構って欲しが…

生活の質

働くとすぐキャパシティー容量だだ漏れになり鬱になり逃げ出すことしか考えなくなる己の性質に心底呆れる、前世はジプシーだったとしか思えん、2016年とか待ってくれわたしはまだ何も明けていない。出来ることならずっと好きなことしかしていたくないし好き…

ブス

昨日どついたるねんのBEST HITSをやっと買えて、聴ける時はずっと聴いてる。ポコロンチャは峯田の唄声で始まるからか、わたしにとってのどついたるねんにしては珍しく久しぶりに、LONG HOT SUMMER以来泣きそうになった。どついたるねんは耳で聴くとチョケれ…

ダルさ

「君の全てを忘れることが出来たとしてもしんどさなんか、変わらんぜ」みたいな歌詞があるんだけど、本当それそれそれです〜って感じの日々。嫌いなブスが遥々日本のケツから東京に来るみたいだということを得意のネトストで知ってしまい、まあわたしは好き…

本を読んでやめた、マーガレットズロースのこんぺいとうを聴いている

最高に最悪だね

なにものにもなれないということは、会いたくて会いたくて堪らなくて会えたらそれだけで生きていけるってひとと会える訳が無く、そしてそんな自分より遥かに愛情や熱意やそのひとと対峙したそのひとの何らかにのめり込んだ歴史が浅い人間ばかりがそのひとた…

あなたはどんなの聴いてんの

最近は人と会うと凄く疲れてしまう。目の前に居る人と自分の過去現在の落差に愕然として、一生懸命立てていた気がへきっと折れてしまい、いやいやわたしはこんな安月給でブラックな仕事のなかでも青空を「あお〜〜」とか思って目を細めたりね、出来るじゃな…

くたばれ

ムービー43という、これほどまでに豪華に下らない映画があるのかというコメディ映画がある、それはショートストーリー仕立てで、わたしはそれが大好きで下ネタで笑える友達とは絶対観る。そのくらいの映画の最後の話は主人を溺愛して主人の水着写真を眺めな…

メンヘラじゃないもん17

死にたいとか愛してるとか言ってるとメンヘラだと思われて便利にされちゃうんですよね一生懸命明るく頑張ってるのに!!!メンヘラって単語が死ぬ程憎いし人のことメンヘラだと呼んで分かった気になってそれで笑えるとか思えるお前等の神経よりは病んでねぇ…

絶対絶対愛してる

手を繋ぐとき抱き締めるとき笑うとき笑わせるとき、気付けばわたしからばかりが増えていた。終わりを二度告げられてからわたしは触れるのも笑い声を聞くのも音楽をウォークマンに入れるのも全部全部最後の気持ちでやっている、楽しかった帰り道どうしようも…

友川カズキ

哭いてる空の下で言葉を呑み込んだ犬 果たせなかったすべての問いに頭をこすりつけて犬 暮れゆく秋の日にますますいい気になりやがって犬 苦渋のこと闇であること愛しいから笑っているのではない犬 軟弱なドラマの上に雪のように降り積もる犬 家族のことはど…

これで終わりにしたい

アニマルナースになりたかった高校の先生になりたかった大学生になりたかったわたしはわたしを生きられるようになりたい

ノスタルジーに中指立ててファンタジーを始めただけさ

隣のババァは暇で風呂ばっか入ってるから浴槽で死んだ、わたしは歌を歌っているどういうことか分かるだろう?ノスタルジーに中指立ててファンタジーを始めただけさ、全力でやって5年かかったしやっと始まったとこなんだわたしが死にたくて死にたくて堪らない…

あなた方が愛したわたしは死にました

「あなたは孤独だったけれど人を愛していた。けれど今のあなたからあの時のあなたは消えてしまった」わたしは、それでも死なないで生きてる今のわたしを見て欲しかった。それでもあなたは美しいんだよって、愛したあなたに、その時のわたしを愛したあなたに…

どうして僕はここに産まれて何も出来ずに死んでゆくのか

ひとり自分を刻まないようにとTSUTAYAへ重たい身体と曖昧な脳を引き摺って向かったら目的のKOTOKOが借りられていた。更に言えばボーイズ・オン・ザ・ランもある子供も借りられていた。わたしと同じ趣味のやつでも借りたのかと思うほどだった。視界が定まらな…

死にたくなってもいいよ

「もう恋なんてしないよなんて言わないよ絶対 でも人を好きになるのは怖いし何よりかったりぃマジで」「誰かを好きになりたくて仕方がないんでしょ」信号待ちのなか踏切に、電車待ちのなか駅のホームに流れ込んでくる豪速の電車に自分が轢かれてミートソース…

よく

http://www.youtube.com/watch?v=hl8W_Kj5p2sこれはわたしの大好きな女の子が教えてくれた大好きな歌。これを聴いたとき、あっわたしじゃんと思った。あっわたしじゃんと思ったのもはやくボロボロに泣いた、この歌を嗤える人間とは絶対絶対絶対に混じり合え…