.

強すぎる気持ちはみんなに怖がられる
言葉なんて覚えるんじゃなかった
気が触れる、死んですべてを無に還したい、疾走するダンプに突っ込んでどたまを派手に打って記憶喪失、可笑しい、可笑しい、可笑しい、最初から希望とか歌っておけば良かったのね
言葉にすれば厭われる
言葉なんて覚えるんじゃなかった

最終公演

車の助手席に座って柔らかく微笑む、白いニットを着たフワフワの優しい彼女。朝が来たらご飯を作って、煙草なんて吸ったことがなくて、起きてきた旦那さんに笑っておはようを言って泣きはじめた赤ちゃんを抱きしめに急ぐの。
哀しいことがあったり不安になっても静かに大丈夫って言って時を置いて彼をそっとしておいてあげる、脳内を埋める言葉も「悲しい」とか「寂しい」とかありふれた単語くらいで、強いお酒を飲んだり死にそうなロックを聴いたりしなくても眠りにつける。
いつだって柔らかく微笑んでいて、泣く時も男をギョッとさせないくらいに可愛らしく涙を流す、子供が好きで、映画を観ても感想が簡単で、無印良品ジェラートピケが好きで、髪の毛が茶色でふわふわ肩の上で揺れていて、闘わなくても生きてこれたし誰かに護られることが得意で肌に傷を付けずに大人になれた女の子。
そんな女の子に、わたしもなりたかった。誰よりもなりたかった。闘わないと殺されていたから強くなりすぎたし人生に対する熱量が多すぎるから、わたしは人と生きることがまだまだまだまだ下手糞だ、わたしはゴミ、道端で夜の電灯をギラギラ反射させて光るゴミ、誰がゴミなど欲しがるだろう。
わたしが千切れた心を掻き集めて綴るこれも、きっと一番届いて欲しいひとは、読んでいないのだろう。ずっとそう、ずっとそれの繰り返し。

SHINPIN

昨日テレビを観ていたらズバリ当てると有名な占い師がゲストに「あなたは親友の延長線のような人と付き合った方がいい、親友なら彼氏になっても素直に思ってることが言えるから無理しなくて済むよ」というようなことをアドバイスしていて、まるで一ヶ月前のわたしのようなこと言ってんなーと思いながら「好きになっちゃったらそんなん無理!」と一人叫んだ、真横にある家の中でオッサンが咳払いしたような気がした。

一人の人間が自我をある程度確立するまでにかかる年月と同じ時間分友達だった人と、見晴らしのいい地獄の最中に地獄の炎がギラギラ輝く光に見えてそれだけでもう生きていけるってくらい喜びの取り決めをし恋人同士になったわたしだけれどつい先日、わたしの性格のどうしようもなさが爆発したような電話を泣きながら彼にかけた。好きになっちゃったらわたしは結局こうなってしまうのかと、全然消えていなかった自分の持つ真っ黒なマグマに呆然とした。

どうしようもなく好きだから本当に大切なことからは目を逸らして自分のなかにしまっておいて、どうしようもなく好きだから不安になるよねだって1ミリだって幻滅されたくない、わたしのこと1ミリでも好きじゃなくなったら殺すみたいなモチベで愛に接しているしわたしは0か100しかない女で、人間の根本なんてそんなすぐ変わるわけない、それでも頑張って出来るだけ好きな人の実像を見失わないように目をかっ開いて立ってるってことでしょう。

幸せと毎日は手作りで、どれだけ呪いをかけられようと死にそうになりながらかけられた呪いを解いていく、隣にいる人の首に刻まれた皺やホクロを美しいと思って尊ぶこと、その首の皺がどこかの女の子のおっぱいの谷間を見るために刻まれたのかも知れないとかAVを変な角度で見ながらシコったから刻まれた皺かも知れないとか、なんて滑稽で美しいんだろう(のようなことを靖子ちゃんも言ってたね)。

初めてしたキスもデートも手を繋いだことも全部全部覚えてる、わたしがあなたに向けるすべては新品で、それまで持ってたガラクタは全部ブックオフに売っちゃったから大丈夫だよ、捨て身の0の状態のわたしで毎日あなたに向き合いたいよね、嫌いキモイ愛してるの全部がグチャグチャのごった煮になって煮こごりになってそれでも絶対愛してる、守らなくてもいい強いわたしなんて本当は存在しないしそれわたしが作ったフィクションだし、でも愛してるから守ってあげるよ。

最初から希望とか歌っておけばよかったわ なら、キスもセックスも愛してるも全部意味ない、そんな愛してるは、わたしは金輪際要らない、見晴らしのいい圧倒的な地獄の中から放つアイラブユーが、ありふれたヌルい幸せをすべて淘汰して一番てっぺんで永遠に輝きますように。

コミュニケイション・バリア

真剣に放たれた言葉に対して可能な限り真剣に応えようとする人間ってすごく少ないみたい、わたしは流行り言葉が苦手でどうして苦手かって目の前に差し出された痛みや苦しみや喜びや尊厳を便利にしてしまうから、わたしの痛みを便利にしないでくれよ、それ全然便利じゃないから。
電車に乗ると身体を視姦してくる糞ジジィに精神が殺され、ただ立ってるだけなのに着ている最強の服を無理矢理脱がされ汚い指で乳を揉まれマンコに抜き挿しされ最終的に値踏みされる、この気持ち悪さが分かりますか分かんないっすよねーーーー、マジ二日に一遍はこんな思いをして勝手に殺される、視姦ジジィに遭うと最強の服もキラキラの瞼もサラサラの髪の毛も全部銀蝿を集らせる汚い公園の埃と小虫の死骸塗れの電灯と化し、わたしはジジィの仮想のザーメン塗れと化し、家に帰り誰の目にも晒されないところで膝を抱えて死にたくなる。わたしの最強なのに、わたしは最強なのに、勝手に汚さないで、わたしのこの爪に出来たささくれの一筋ですら、なにひとつお前の物として存在しているものは無い。この気持ち悪さ、生きづらさ、女として(男として)産まれたただそれだけで毎日毎分毎秒気が抜けないこの生き地獄、どうしたら伝わりますか、どうしたらすこしでも、女に(男に)寄り添おうと動けるんですか、こういう性被害に対する瞬発力って絶対問われるし、笑って遣り過すことじゃねえからマジで、必死で吐き気をこらえるわたしの横でギャグにしようとしてんじゃねえよ、わたしは最強だって思い出させてよ。

こんな世界じゃ優しい人は生きられないみたいなことを言って靖子ちゃんはTwitterをやめた。
わたしはやさしいひとになりたい、やさしいとは剥きだすことだから。

阿呆の鐘

友達が自殺未遂予告してきても男に髪掴まれてゼロ距離で絶叫しながら罵倒されても彼氏が影で何個ものマンコにチンコ突っ込んでたと知っても働いて働いて働いて、わたしからしたらすっごく大変なことですっごく頑張ってる、本当にずっとずっと頑張ってる、口ではダルイとか時給以上の仕事をする必要無いとか言ってても行動見てよわたしすっっっごい頑張ってるじゃん、こういうこと言うとでもそれが当たり前とか聞こえてくるんですけどそういう想像力0の正義は気合入れて棄てます、時給以上の仕事する必要無いってずっと言ってるのもカフェやレストランへ行けば心無いクレームに奴隷のように頭を下げ泣いている店員を沢山見るから、それを見てこんな社会は狂ってると思うから、だからわたしから始めるしかないじゃんわたしが発するしかないじゃんって思って脚踏ん張って土俵に立ち続けてるんだよ。
頼れる人が居ないからこのままじゃ生活が出来ないってのも一年前に伝えてるしその為に色んな仕事覚えようとして朝一時間半早く来て、それでも何にも手に出来なかったわたしが女だから????何年居ようがどれだけ回転させようが全部無駄だった何も変わんねえはーマジ阿呆らしい。
落ち込んでいたら「時給以上の仕事しないんでしょ?笑」って言われました、いつもいつも溜息聞かせてきたり怠がったり疲れた疲れた聞かせてくる癖にこういう時だけ真面目で頑張り屋のフリが上手だよねマジウケる、あなた方からしたらわたしは頑張っていないらしい、そっかーーーーーーーーーーーーーーーー。

どれだけ頑張ろうとも働きだけ見て正当な評価を受けたことなんて一度も無い、勝手にラベリングされて勝手に誤解されて怠け者だと指をさされる。気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い。
わたしがこんなことをどれだけ言葉と心を尽くして話そうともきっと何にも伝わらない。どうせ分からないんでしょ、わたしの感情をどうしてそんなに分かったフリしたいかな、こんなゴミみたいな性格の人間のことなんて同調してもあなたは神様にはなれませんよバクワラ、勝手に幻にして、透明にして、人間ですって表明すると全部が無かったことにされて踏み潰されて嗤われる、わたしは宗教じゃなくて人間だってずっとずっと言い続けてるだろうがボケ

ある宗教

金を作らなければ、と思った。
どんなに新しい人間環境が無理で、労働が苦行でしかなくて、学生の頃に1年半行き続け苛められ続けた実習と前の職場でのトラウマがデカくても金を作らなければと思った。
そもそもこんなこと毎日思っている、バイトのシフトが沢山入った給料に余裕のある月はすこしだけこの考えから解放されるが、わたしは基本的に税金光熱費保険料家賃奨学金年金を支払い手元に残る金は毎月4~5万の中でなぜか生き延びられているので1年12ヵ月のなかで9ヵ月くらいはこの考えに囚われている計算になる。
わたしは言葉に対して馬鹿正直なので様々な求人サイトをキリキリ痛む頭を抑えながら崖っぷちに立ち足元で崖の石ころがゴロゴロ崩れ落ちる音を聞きながら何とか眺めても「人の役に立ちませんか?」「お客様から感謝されるやりがいのある仕事です!」という文言が目に入った瞬間「あぁわたしには到底無理です」と諦めブラウザを閉じ煙草を吸い所持金の勘定をして絶望する。

「人に喜んでもらうことほど幸せなことはない」が分からない、わたしは誰の為にも生きたくない。

誰かの為に生きる・生活を送る事を幸せだと素直に感じられる人とその真逆であるわたしの違いは一体何なのだろう、実父には棄てられガキの頃から死ぬことを学校の人間や母親に願われて、果てにはこの世界から消え去ることを自分自身からも願われ、ある時期から何とか友達や教師に恵まれ親との付き合い方も学んだけれどそんなウン十年の中では「誰かの為に生きる」の土台がまず無かったし(今でも無いし)ずっと「自ら死ぬか、はたまたあらゆる"正しさ"を踏み付けてでも生き延びるか」だったからなのか。
道端の手助けや接客等分かりやすい単位で言うなら見ず知らずの人に感謝されても「いえいえ」で終わるし、人生の規模で捉えるならたとえ友や恋人の為にも生きられないし何も選択したくない。これが生きづらさの根にもなっていると同時に、真っ当な感覚なのではないか?とも思う。
わたしは誰の為にも生きたくない、かつて幾度と誰かの為に生きてみて(勿論その最中にはエゴも沢山あった)、それは尽く踏みつけられた、生きた対象からも、自己からも、どうしたって、わたしはわたしの為にしか生きたくない。
わたしは、わたし自身にずっとずっと「お前なんか死んじまえ」と吐き続けてきたわたしにとっては、わたしの為に生きることが精一杯であり、大いなる祝着なのだ。

自我

最初は嬉しかった言葉も、何回か言われるなかで発せられるパターンを観察したところどうやらわたしはコンテンツにされているみたいだった、コンテンツにされて、その人の気分と自己への免罪符として賞賛とそれをゼロに還す正反対の言葉が繰り返される、こういう人にはわたしの話す言語は一向に通じないのだと分かった。
大体みんなつまらなくて、大体みんな狡い、感謝とか絆とか気配りとか本当好きだね、わたしは嫌いです。本気でそれやってるつもりなら、見返りなんて求めてんじゃねえよバカ。これは私のエゴですって言えよタコ。それすら自称することも出来ないくせに、他者に同じ土俵を強要してんじゃねえよボケ。自分自身のことを突き詰めて考えなくても今まで生きていられて、精神が本当に愚鈍で愚鈍で愚鈍すぎて、タフですねえ。その世界、全く分かりたくないです。

誰かと眠るときに腕枕をされるのは首が痛くなるから嫌いでわたしは大の字で眠るのが好き、セックスの後にピロートークなんて要らないから煙草を吸わせて欲しい、本当に好きなものや大切なことはあなたは分からなくていいわたしだけが分かっていればそれでいい、わたしはずっとずっとそうだったのに、すこし前から恋人になったひととはくっついて眠っても全然嫌じゃなかった、人とくっついて眠ることが心地好く感じられることは久しぶりだった、そのひとはわたしに煙草を吸わせてくれるし(わたしはずっと昔からわたしに煙草を吸わせてくれる人が好き)、本当に好きなものや大切なことを教えても彼はそれらを決して踏みにじらない。自我を殺さなくても一緒に居られる関係なんて初めてで、ああもうわたしは楽しかったら笑って、哀しかったら泣いてもいいのだ、今までの楽しかったこと哀しかったこと全部あげるから、もっとはやく出会いたかった、出会いたかったよ。

気付けば「誰か」と思うことも「助けて」と思うことも「寂しい」と思うこともなくなっていた、みんなみんな寂しそう、わたしは寂しくない、求める対象が何で誰なのか、わたしはもう分かっているから。